忍者ブログ
スミス学生
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一番心に残っアクティビディはリンダリンダリンダという映画を見ました。とても楽しくて私はその映画を見たこたがないんです。
PR

かえりみる:to look back

思い出す:to remember

繕う:to fix

境偶:circumstances, one’s situation

ぞんがいを受ける:to cause damage

 

 

 

あの日の感情があった                                       

あの人は何も知らない                                       

説明できないことじゃないが                          

あの人は聞けないんだ                                       

昔をかえりみて間違いを覚えて                      

いたくないから                                                      

                                                                              

 

 

時間が経って                                                      

あの日を話すのが難しくなる                          

間違いはもう思い出すために                           

必要じゃない                                                      

でも、いつも                                                       

あの人と別れる                                                  

あの日あの人に何かさせられたのを                

私は忘れないでいるが                                       I

あの人は何をしたか知らないんだ                  

 


(最後の葉)という読んだ本です。作ニオー ベンリーに書かれました。登場人物は医者、ジョンジ、スーとベアマンーさんです。ジョンジとスーはいい友達で若い画家です。ベアマンーさんも画家で六十歳です。隣の部屋に住んでいます。ジョンジ、スーとベアマンーさんはニューヨークのグリニッジビレッジの古いアパートに住んでいます。十一月で木で葉を散ります。肺炎だからジョンジは最後の葉を散った時死ぬと思います。でも、強い風をふっているのに最後の葉はまだあります。ジョンジは元気になるのを決めます。

私は話が好きですが悲しすぎるしカタカナがたくさんし話はながいしそれに読むのは難しいです。

どうしてさるのおは短い?どうしてクラゲはほねがない?という読んだ本です。読みやすくてとてもかわいいいです。さるの話について熊はさるに(さかなをたくさんとればおを水の中に入れる)と言います。さるはとってみてたくさんの魚がさるのおをさしたから、おはなかしました。これは一番印象に残っ場面です。とても悲しいから。

 


リンダリンダリンダは面白かった映画です。一番印象に残った場面は高校生の男性はソンさんが好きだと言った場面です。この場面はとてもはずかしいんです。

私はガルのバンドに入ったら、歌手になりたいです。他のバンドに入っっている人より歌手の方がファンがいるからこぞ、歌手になって楽器をひけませんが歌うのが上手です。

きいている詩はとてもおもしろくて読みやすいです。みんながお互いを聞く考えが好きです。でも、詩の終わりはまぎらわしいです。<ねっこのひげのさきっちょで君のおへその奥で>をわかりませんでした。

次のページ >>
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[04/22 クリステイナ]
[04/22 たかはし]
[04/22 たかはし]
[04/02 ケイコ]
[04/02 エリス]
最新トラックバック
プロフィール
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]